久里浜眼科

ご予約・お問い合わせは、[フリーダイアル]0120-049-417 経験豊かな医師と充実の医療設備であなたの快適な生活をお手伝いいたします。
TOPページ > 硝子体手術 > 黄斑浮腫
硝子体手術

 

黄斑浮腫とは

網膜の中心となる黄斑部に液状な成分がたまり、浮腫みを起こし視力が低下する病気のことを言います。




症状 写真をクリックすると拡大画像が表示されます

視力低下や歪み。ものが暗く見える事があります。


正常なOCT画像

糖尿病黄斑浮腫のOCT画像

正常なOCT画像

糖尿病黄斑浮腫のOCT画像



原因疾患 写真をクリックすると拡大画像が表示されます

■糖尿病性網膜症
網膜の血管が傷害され血液中の水分や脂肪が漏出し浮腫みを起こします。

■網膜静脈閉塞性疾患
網膜の動脈や静脈が詰まり、うっ帯し浮腫みを起こします。

■ぶどう膜炎
網膜の動脈や静脈に炎症が起き、浮腫みを起こします。



■中心静脈閉塞症手術前

中心静脈閉塞症手術前の眼底写真

中心静脈閉塞症手術前のOCT画像
網膜静脈の怒張や拡張、出血がみられています。黄斑部には、嚢胞様浮腫がみられています。


■中心静脈閉塞症手術後

中心静脈閉塞症手術後の眼底写真

中心静脈閉塞症手術後のOCT画像
網膜内の貯留液が減少し正常の形式に戻りつつあります。



治療 


■副腎皮質ステロイドの眼球内テノン下注射
血管からの液体成分を減らし浮腫を軽減します。

■硝子体手術
硝子体切除、内境界膜を剥離し、網膜が眼球の内側に引っ張られる力を解除します。 また、科学的物質の除去や酸素分圧を高める事で浮腫みを軽減します。



手術について

手術療法


網膜の静脈と動脈の交差している所を緩め、静脈への圧迫を開放する事で静脈の血流の改善をはかります。
1、硝子体切除 2、動脈と静脈の接している部位をメスで分離します

 
3、内鏡界膜の剥離をします  


手術写真 写真をクリックすると拡大画像が表示されます


後部硝子体膜をトリアムシノロンで染色し剥離

静脈・動脈分離

ICGで内境界膜を染色し除去


ページのトップへ
Copyright (C) Kurihama-Ganka All rights reserved.

サイトマップ サイトポリシー