久里浜眼科

ご予約・お問い合わせは、[フリーダイアル]0120-049-417 経験豊かな医師と充実の医療設備であなたの快適な生活をお手伝いいたします。
TOPページ > 硝子体手術 > 網膜静脈分岐閉塞症
網膜静脈分岐閉塞症

 

網膜静脈分岐閉塞症とは


網膜静脈が動脈と静脈交差しているところで、閉塞してしまう病気です。
眼底には閉塞部から扇形に広がる網膜出血が認められます。 網膜の中心である黄斑部に、血管閉塞が広がらなければ無症状のこともありますが、黄斑部にまで閉塞が広がると黄斑浮腫を生じ、視力が低下します。


    <断面図> <正面図>
photo



■原因

高血圧や動脈硬化が原因といわれています


■検査

視力検査 眼底検査 OCT(網膜の断層写真を撮って網膜の厚みを見る) Mチャート(歪みを見る検査)

photo
術前のOCT画像
photo
術後のOCT画像

術前のOCT画像

術後のOCT画像


術前の眼底写真

術後の眼底写真

 


■治療

1.保存療法
網膜循環改善薬や血管増強剤などの内服や、黄斑浮腫があるときは、ステロイドをテノン嚢下に注射します。

2.レーザー治療
視力低下の原因となる急性期の黄斑浮腫と、慢性期の合併症である硝子体出血の予防のため行います。

3.手術療法
レーザー治療でも改善が認められなければ、手術を行います。 手術で、網膜の静脈と動脈の交差しているところを緩め、静脈への圧迫を開放することで静脈の血流の改善をはかります。また硝子体を切除することで、浮腫を増悪させている硝子体の牽引を除去し、眼内の酸素分圧が上昇することと内境界膜を剥離することによって浮腫の軽減につながります。




手術について


手術手順 


 
1.硝子体切除   2.動脈と静脈の接している部位をメスで分離する

   
3.黄斑部の内境界膜を剥離する    



手術写真 写真をクリックすると拡大画像が表示されます

photo動脈と静脈の交差部を分離し静脈の流れを改善しているところ photo内境界膜を見やすくするためICGで染色しいるところ photo内境界膜剥離 photo内境界膜剥離終了後


ページのトップへ
Copyright (C) Kurihama-Ganka All rights reserved.

サイトマップ サイトポリシー