久里浜眼科

ご予約・お問い合わせは、[フリーダイアル]0120-049-417 経験豊かな医師と充実の医療設備であなたの快適な生活をお手伝いいたします。
TOPページ > 後発白内障とは
後発白内障とは
後発白内障とは

白内障手術を行った後数ヶ月以降、眼のかすみやぼやけ・眩しさなどの症状が出てくることがあります。
これは『後発白内障』というもので、白内障手術を行った人のみに起こる合併症のことを言います。
原因として、白内障手術で眼内レンズを埋め込む際、固定の為に残しておく水晶体の袋(後嚢)が時間とともに濁ってきてしまうために起こります。
発症率は術後1年で10%、3年で20%、5年で30%と言われており、発症後必要に応じて濁りを取り除く治療をします。
そのための処置としてYAGレーザー(後発白内障レーザー)があります。
後発白内障の治療では再手術の必要はなく、レーザーを照射し硝子体の袋の中心部分に穴を開け、濁りを取り除き光を通すことで視力の回復を促します。
痛みはなく施術時間は2、3分で終わります。

〈YAGレーザー前〉

〈YAGレーザー後〉


ページのトップへ
Copyright (C) Kurihama-Ganka All rights reserved.

サイトマップ サイトポリシー